企業を成長させるためにも顧問税理士を雇おう

企業を成長させるためにも顧問税理士を雇おう

レディ

顧問税理士を見つけることが大切

信頼できる税理士と顧問契約していれば、経理や会計に関する様々な業務を一括して任せることができます。毎日の記帳だけであれば社内で担当者をつけることも可能ですが、税務申告となると問題は一気に難しくなり、加えて税務申告の代理ができるのは税理士のみと法律で定められています。また、税務調査への対応となると、これまでの税理士としての実績や経験が必要不可欠です。大阪では多くの税理士が活躍しており、それぞれに得意としている分野があるので、依頼したい内容に沿った信頼できる顧問税理士を見つけることが大切です。

電卓を持つ人

依頼することで経営力強化に繋がる

顧問税理士は業務上、企業の核心ともいえるお金に関わる機密情報を扱うため、経営に関するアドバイスを求めることもできます。コンサルティング業務は専門会社に任せることも可能ですが、普段から懇意にしている顧問税理士がいれば、あえてコンサルタントを雇う必要はないと言えます。業務内容や業績、経営状況をも把握している税理士なら、会社を客観的な視点から見つめることができるからです。税理士の数の多い大阪では、経営力を高められる経験豊富な顧問弁護士も多数活躍しています。

優秀な税理士を見極めるポイント3つ

男性

説明が分かりやすいかどうか

節税や税務申告など、税理士の業務は顧客にとって複雑で分かりにくいものです。専門的な用語を並べるだけではなく、ときには具体的な例を挙げるなどして、顧客に伝えるための分かりやすい説明をしてくれる税理士は、大阪でも優秀な税理士と言えるでしょう。

レスポンスが早いかどうか

何を聞いても何日もレスポンスが返ってこない、こちらから期日を設定しないと回答を先延ばしにされるなど、大阪の税理士の中にも稀にこのような対応をする税理士がいます。どんな内容であっても期限を設定しないというのは、ビジネスマナーとしてもいかがなものです。契約前からこのような対応が見られた場合は、もう一度考え直してみる余地があると言えるでしょう。

顧客目線になってくれるかどうか

大阪でも優秀な税理士は、常に顧客のためになるサービス業であることを自覚した上で、業務を行っています。顧客に提案やアドバイスをするときにも、大きな態度を取ったり、上から目線で提案することはありません。どんな状況であっても建設的な話し合いができ、さらには信頼できる人柄であることも優秀な税理士の条件と言えます。

広告募集中