更年期障害に最適なホルモン補充療法|人気の治療法で体が綺麗になる

表皮の弾力性を欠く要因

目を閉じる女の人

コラーゲンが重要です

素肌の内側についてはコラーゲンとエラスチンが支えて弾性を維持しています。しかしながら老齢化や強い紫外線などの外側からの誘因により細胞の機能が弱まり、肌の中身が収斂し、肌が余ってしまってたるみを生じさせます。すき間が空いている状況なので、コラーゲンが次から次へと作ることができる素肌になることが不可欠です。コラーゲンを確保するためには、やはり食べ物がとても重要になります。肉などでコラーゲン自体を補い、さらにコラーゲンを作り上げる細胞に不可欠なビタミンCを摂りいれ、そして素肌を柔軟にするa-リノレン酸を摂りいれるなどを意識し、内側の状態をコラーゲンで満たし、たるみがない弾力性のある肌にすることが大切です。

弾力を失う要因とは

また、たるみが発生する原因の外側からの刺激の筆頭と言える強い陽射しをUVケアで徹底的に阻止することも重要になります。 加えて、筋肉は老化とともに年を経るごとに衰えていく以外、運動の不足している状況やホルモン低下、さらに栄養不良などでいわゆる筋量が活動的でなくなっていきます。筋量を保つには運動がベストです。 運動自体は成長ホルモンを分泌されるなり皮膚などを再生する効果が期待できます。 運動は家にいながらにしてできるシンプルなもので構いません。運動そのものが好きになれない方はまず第一に体を伸張するストレッチから開始してみることをおすすめします。さらに、近頃笑っていないなど、表情を出せていない人は表情筋自体を鍛えることもポイントになります。表情筋は薄めでデリケートなのでたるみ易いのに加えてに、ひとたびたるむと直しにくいので留意する必要があります。